« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月14日 (火)

罪悪感レスな仕事術をほぼ日に学ぶ

日本人の仕事に対する感覚は、とても息苦しい。

仕事中にプライベートなことをしてはいけない。
仕事は仕事なのだから。みんな我慢しているのだから
お前だけ抜け駆けすることは許されない。

と、自分を殺すことを求められる。
それを強制するのは、社会であり、私たち自身だ。

暗黙のルールに心をむしばまれた僕たちは、
ルールが守れないなら死んだほうがマシだ、と、
他人に対しても、自分自身に対してさえも、そう考えている。

毎年一向になくならない自殺の、
その原因の多くは、ルールが守れないという
「罪悪感」にあるのではないだろうか。

しかし何より重要なことは、
こんな働き方、生き方はあまり楽しくないし、
おそらく正しくもないことを
僕たちはとっくに気付いている、ということだ。

頭ではわかっているのに、身体が動かない。
「罪悪感」で自分自身を縛っているからだ。

*     *      *

「ほぼ日刊イトイ新聞」の仕事の仕方が、
昨年あたりからフィーチャーされ始めている。

社員がイキイキと楽しく働いているし
作っているコンテンツも面白い。
働き方に秘密があるに違いない、というわけだ。

ほぼ日の主宰である糸井重里さんは、日本人の心にある
「罪悪感」について、しっかりとわかっていると思う。
「罪悪感」をなくして、いかに伸び伸びと
楽しく仕事ができるか、そのことに心を砕いているはずだ。

そのことについて、僕が「ほぼ日」から拾い上げた実例をもとに
検証してみたい。

1.言葉の言い換え
ほぼ日では、居眠りすることを「努力する」と言う。
楽しい言葉遊びだが、
言葉を置き換えることで、「罪悪感」が生む世界を
換骨奪胎している。

「休むこと・怠けることは良いことなんだ!」と
論争を起こすのではなく、本来「罪悪感ワールド」で
正しいとされていた言葉を、反対の行為に当てることで
自然と罪悪感を減らしている。

2.場所を強制的に変える
ほぼ日の社内には和室があり、そこで会議なども行われる。
和室で、靴を脱いであぐらをかいたりすると、自然と
リラックスしてしまう。

人間の気分や感覚は、自分の意志で変えるのは難しい。
しかし、場所によってカンタンに変わる。
環境を強制的に変えることで、気分や感覚そのものを
変えてしまうことができる。

3.「休むこと」をルールの中に組み入れる
ほぼ日では、年に一回(だったと思う)必ず長期の休みを
取らなくてはいけないらしい。
休みを取ることは「強制」なので、ルールに従いながら
罪悪感を抱くことなく休むことができる。

さらに、長期の休みのために自分の仕事を人に
引き継がねばならず、そのことによって自然と仕事の
棚卸しができる効果があるとのこと。

*     *     *


日本人がもっとラテン気質になれば自殺は減る
などと言われている。
しかしそれは自分を動かしている「OS」を丸ごと
取り換えるようなもので、現実的ではない。

罪悪感なんか持たずに楽しく生きるべきだ、
といったところで、そんなことは無理なのだ。

ならば、OS=罪悪感の働きはそのままに、
休むこと・怠けることを「守るべきルール」として
少しずつ設定していくのはどうだろう。

いきなり、社会や組織のルールを変えるのは難しくても、
自分自身を「だまし」ながら、感じ方を変えることは
できないものだろうか?



ヤトミックカフェ
矢透泰文が主催するコンテンツサイト。
コーヒーは出しませんが、楽しい読みものをサーブ。
============================================
Think and Listen. yatomic_Cafe 2012

---

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

Facebook vs. 東京電力

剣呑なタイトルだが、何も含んでおりません。
Facebookが上場する、という記事を読んでふと思ったこと。

CEOのマーク・ザッカーバーグはさらに
「簡単に言えば、われわれは金を稼ぐために
サービスを作っているのではなく、
よりよいサービスを作るために金を稼いでいる」
と宣言した。

--マーク・ザッカーバーグが宣言―「IPOなんかクソくらえ、Facebookはユーザー体験に集中する」

もはやSNSなくして私たちの生活は成り立たない、と
いえるくらいに、SNSはインフラと化した。
SNSだけでなく、携帯電話もインターネットも
現代的な「インフラ」を担うのは、民間企業だ。

*    *    *

今まで、生活インフラの大部分を担っていたのは
公共機関だった。
公共機関だからこそ、利潤追求に溺れずにパブリックな使命を
全うできる、という面があった。

しかし今やそれも怪しい。
公共機関が無条件にインフラを担う時代ではない。

東京電力(競争がないという点で実質的に公共機関だろう)
は、電力供給というインフラを担っているが
独占状態から来る慢心で、多くの利用者に損害を与えた。

また、学校などの教育機関も一種のインフラだが
市場に評価をまかせて、しょっちゅう学校が無くなったり
教育方針がコロコロ変わっては困る。

つまりインフラを供給する組織は
完全な独占状態でもいけないし、
市場評価に左右されすぎてもマズイ。

*     *     *


いっぽう、今の新しいトレンドとして
FaceBookなどの民間企業が、強い使命感を
持ってインフラを担っている「公共化」の流れがある。

-----
●公共機関→「民営化」すべきという流れ
●民間企業→実質的に「公共化」していく流れ
-----
という違う方向の流れが、
同じ時代に、どちらも正しい流れとして語られている。

どちらかに軍配を上げる、という問題ではないが
ダイナミックで面白いナと思った。



ヤトミックカフェ
矢透泰文が主催するコンテンツサイト。
コーヒーは出しませんが、楽しい読みものをサーブ。
============================================
Think and Listen. yatomic_Cafe 2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »