« 2011年7月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

4冊の本から見る「今の時代の正しい努力」

「FREE」、「マーケティング3.0」、
「インバウンドマーケティング」、
「グレイトフルデッドにマーケティングを学ぶ」
上記の4冊を読んで、これからの社会における
「正しい努力の方向」を考えてみた。
(本記事の下に、2行解説とともにリンクを張りました)



*4冊の中で繰り返し言われていること

これらの本の中で繰り返し言われていることを
強引にまとめるとこうなる。

●これからの社会の在り方を考えたとき

●消費者に好かれる企業が生き残る。

●企業は「好かれる」努力をすべきである

●ただし企業は消費者に直接的に働きかけてはダメ。

●消費者は企業の「在り方」に惚れる

●企業は、あくまで消費者に「発見」されるべき。

●「発見」した消費者は、ソーシャルメディアで拡散してくれる。
なぜなら、消費者は「こんな面白いものを発見した自分」を
みんなに知って欲しいから。

●好かれた企業は強い。

●「発見」されるためには、企業の側に「突き抜けた何か」が
あるべきである。

●これからのマーケティングでは、
1.どのように消費者に発見されたいか?
2.どのように突き抜けるか?
という点に注力すべきである。

かなり強引にワタクシ的フィルターを通してまとめると
上記のようになると思うのだが
この「突き抜ける」というのが難しい。



*なぜ「突き抜ける」ことが難しいか。

好かれたり、突き抜けるのが難しいのは、それが
「普通の努力」ではできないことだからだ。

すなわちそれは「キャラ」に由来するものなのだ。

消費者は、企業や個人の「キャラ」に魅かれて
好きになる。キャラは普通の努力では作れない。

個人で見れば、キャラとはある意味で天性のものであり
ある人にとっては生まれつきで苦労なく手に入るものが
ある人にとっては一生縁のないものでもあり得る。
努力すればどうにかなる類いのものではない。

しかし、それでも「真面目に取り組む方法」しか知らない
僕たちのような凡人は
あるいは、ごく一般的な企業はどうすればいいか?

おそらく、その凡庸な真面目さを「キャラを作ること」に
全力で向けるしかないのだろう。
長所を極端に伸ばし、欠点をさらに極端に深めていこう。
ポジティブな変態を目指そう。



*これが正しい努力を促してくれる4冊だ!

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
クリス・アンダーソン
日本放送出版協会
売り上げランキング: 850
コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則
フィリップ・コトラー ヘルマワン・カルタジャヤ イワン・セティアワン
朝日新聞出版
売り上げランキング: 3229
インバウンド・マーケティング
ブライアン・ハリガン ダーメッシュ・シャア
すばる舎
売り上げランキング: 19909
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
デイヴィッド・ミーアマン・スコット ブライアン・ハリガン
日経BP社
売り上げランキング: 130

 

 

ヤトミックカフェ
矢透泰文が主催するコンテンツサイト。
コーヒーは出しませんが、楽しい読みものをサーブ。
============================================
Think and Listen. yatomic_Cafe 2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

政治家ポケモン化計画

*政治がつまらないのはなぜか。

わきまえておこう。
・政治家は失言をして当たり前。
・政治家は致命的にセンスが悪い。
・投票したいと思う政党がない。
・2大政党制は日本では実現しなかった。

政治がすでに「オワコン」であることは
すでに何人もが指摘している。
つまり、今の時代に政治家をやっているような人は
時代を読むセンスがそもそもない。

だから「失言」も当然するに決まっている。
突っ込みどころ満載の思考の持ち主なのだから。

国民はそれに目くじらを立ててはいけない。
マスコミも鬼の首を取ったように報じてはダメだ。
むしろギャグとして愛でるべきである。

そして政治家はクソ真面目に謝ってはダメだ。
むしろ「テヘペロッ☆」とやるべきである。

なぜ政治がつまらないのかというと、
国民が政治家のスベリ具合を楽しんでいないからだ。

国民総ツッコミ時代の、冷え冷えとした世の中で
全力でボケている政治家の皆さんを、むしろ国民は
愛でてあげるべきだろう。
そして、育てなくてはいけない。

*どうせ育てるなら、育てがいのある政治家がいい。

投票したい政党がない。
自民党も民主党も、どっちらけである。
自分の利益を代表してくれる政党がない。
自分たちに関係ないことを延々やっているから
応援しようがない。

もう大きな政党は要らない。
小さな政党がわさわさあればいい。

自分たちの利益を反映してくれる、小さな政党があればいい。

それなら自分たちを代表している、という感覚があるし
応援しがいがある。投票に行こうという気にもなる。

サッカー好きの党/ヒップホップ党/マンガ党
スポーツ平和党/スマイル党 etc

政権をとるためには、多くの政党が話し合って
牽制し合って、協力し合って、時には裏切って
駆け引きをする必要がある。

がぜん、政治が面白くなるだろう。

国会議員の数は減らしてはいけない。むしろ増やすべきだ。
数を増やして、政党を増やし、リーグ制のように楽しむ。

そのかわり、給与をがーんと下げる。
金と権益を目当てにやってくる、本当につまらない政治家を
一人でも減らしたい。他の仕事と兼業できれば敷居もさがる。
コンビニでバイトをしている国会議員もいい。

結論。

政治家をポケモンのように育てて競わせて遊べるようにしよう。
政治家の皆さんは国民のおもちゃになるべきである。
そして僕たちは、もっと政治で遊んでもいい。





ヤトミックカフェ
矢透泰文が主催するコンテンツサイト。
コーヒーは出しませんが、楽しい読みものをサーブ。
============================================
Think and Listen. yatomic_Cafe 2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

ご機嫌な店に行きたい僕たちなのだから

飲食店の口コミ投稿サイト「食べログ」に
業者によるヤラセ投稿があった由。

何が問題なのかといえば、おそらく
・口コミはユーザーの自発的なもの
・だからこそ信用できる
という情報の信頼性が崩れてしまったことだろう。

情報の信用性は「食べログ」というサイト自体の
信用性に依拠している、まさに信用商売であって、
そこを崩されると痛い。

しかし僕は、業者を責めても仕方のないことだと思う。
食べログというインフラに、「ヤラセ」を誘い込む
余地が元々あったのだ。
そもそも口コミを投稿するユーザーの情報が
匿名なのだから。

今後、こういった「ヤラセ」を排除するのであれば
「誰が言っているのか」ということを明確に
するしかない。

自分の友人が言っているなら情報のソースは確かで
「あいつがすすめてるんだから間違いないな」
「あいつの舌は信用できない」
という取捨選択ができる。

これはもはやFaceBookなどの出番だ。

これからたぶん口コミサイトは、投稿者の情報を
明確にする仕組みで作られると思う。

*     *     *

とはいえ、今回、なぜお店は業者を使ったのか、
という言い分も考えないと不公平だろう。

店としては、「まずお客に来てもらわないことには」
美味いか不味いかの判断さえもしてもらえない、
土俵にさえ乗れない、という想いがあったと思う。

だからまず店を知ってもらう、来店してもらう端緒として
「食べログ」を使ったのではないか。

きっかけは嘘の情報だったとしても、来てもらいさえすれば
満足させる自信はある。
決してお客をだまそうという悪い意図はなかった。

しかし、選んだサイトが良くなかった。
「食べログ」などの口コミサイトを「広告」ととらえては
間違いを起こしてしまうだろう。

「口コミ評価サイト」は、圧倒的なお客主導の場である。

お店がそこに安易に干渉すれば嫌われるし
良い評価も広がる代わりに、悪い評価も広がってしまうし
お客はワガママであるから、カンタンに悪く言うし。

言い方は悪いが、お店は「まな板の上の鯉」である。

*     *     *

ではどうするかといえば、
大変に回り道で、当たり前で、単純な結論なのだが
「良い店」であることしかない。
来たお客に満足してもらうしかない。

エラソーに書いてしまってすごく恐縮なのだが
カンタンに言うと、僕たちは良い店に行きたいし、
ご機嫌な店に行きたい。

何で満足させるかはお店側におまかせする。
・もちろん味で満足させる
・店主のキャラクターで勝負する
・可愛い店員で勝負する
・珍しいものが食べられる
などなど・・・

良い店ならば放っておいても良い評価がつく。
良い店なら人を連れていきたいし、何度も利用したい。

つくづく、これからの世界では「良い店」であることが
最大の広告なのだろうと思う。
ああ、やっぱりお客はエラソーだよなあ・・・。





ヤトミックカフェ
矢透泰文が主催するコンテンツサイト。
コーヒーは出しませんが、楽しい読みものをサーブ。
============================================
Think and Listen. yatomic_Cafe 2012

-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年2月 »