« 政治家ポケモン化計画 | トップページ | Facebook vs. 東京電力 »

2012年1月30日 (月)

4冊の本から見る「今の時代の正しい努力」

「FREE」、「マーケティング3.0」、
「インバウンドマーケティング」、
「グレイトフルデッドにマーケティングを学ぶ」
上記の4冊を読んで、これからの社会における
「正しい努力の方向」を考えてみた。
(本記事の下に、2行解説とともにリンクを張りました)



*4冊の中で繰り返し言われていること

これらの本の中で繰り返し言われていることを
強引にまとめるとこうなる。

●これからの社会の在り方を考えたとき

●消費者に好かれる企業が生き残る。

●企業は「好かれる」努力をすべきである

●ただし企業は消費者に直接的に働きかけてはダメ。

●消費者は企業の「在り方」に惚れる

●企業は、あくまで消費者に「発見」されるべき。

●「発見」した消費者は、ソーシャルメディアで拡散してくれる。
なぜなら、消費者は「こんな面白いものを発見した自分」を
みんなに知って欲しいから。

●好かれた企業は強い。

●「発見」されるためには、企業の側に「突き抜けた何か」が
あるべきである。

●これからのマーケティングでは、
1.どのように消費者に発見されたいか?
2.どのように突き抜けるか?
という点に注力すべきである。

かなり強引にワタクシ的フィルターを通してまとめると
上記のようになると思うのだが
この「突き抜ける」というのが難しい。



*なぜ「突き抜ける」ことが難しいか。

好かれたり、突き抜けるのが難しいのは、それが
「普通の努力」ではできないことだからだ。

すなわちそれは「キャラ」に由来するものなのだ。

消費者は、企業や個人の「キャラ」に魅かれて
好きになる。キャラは普通の努力では作れない。

個人で見れば、キャラとはある意味で天性のものであり
ある人にとっては生まれつきで苦労なく手に入るものが
ある人にとっては一生縁のないものでもあり得る。
努力すればどうにかなる類いのものではない。

しかし、それでも「真面目に取り組む方法」しか知らない
僕たちのような凡人は
あるいは、ごく一般的な企業はどうすればいいか?

おそらく、その凡庸な真面目さを「キャラを作ること」に
全力で向けるしかないのだろう。
長所を極端に伸ばし、欠点をさらに極端に深めていこう。
ポジティブな変態を目指そう。



*これが正しい努力を促してくれる4冊だ!

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
クリス・アンダーソン
日本放送出版協会
売り上げランキング: 850
コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則
フィリップ・コトラー ヘルマワン・カルタジャヤ イワン・セティアワン
朝日新聞出版
売り上げランキング: 3229
インバウンド・マーケティング
ブライアン・ハリガン ダーメッシュ・シャア
すばる舎
売り上げランキング: 19909
グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ
デイヴィッド・ミーアマン・スコット ブライアン・ハリガン
日経BP社
売り上げランキング: 130

 

 

ヤトミックカフェ
矢透泰文が主催するコンテンツサイト。
コーヒーは出しませんが、楽しい読みものをサーブ。
============================================
Think and Listen. yatomic_Cafe 2012

|

« 政治家ポケモン化計画 | トップページ | Facebook vs. 東京電力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4冊の本から見る「今の時代の正しい努力」:

« 政治家ポケモン化計画 | トップページ | Facebook vs. 東京電力 »